『人間と環境』第21巻第2号(1995年6月発行)目次

日本環境学会第21回研究発表会(日本環境学会事務局)
巻頭言
琵琶湖宣言から11年(高村義親[茨城大学])
原著
重金属によって汚染された婦中土壌と安中土壌で成育した水稲によるカドミウム、亜鉛、鉛、銅の吸収に及ぼす水管理の影響(浅見輝男・折笠清人・久保田正亜[茨城大学])
Pseudomonas属の細菌(DP-4)による2,4-dichlorophenol(DCP)分解に及ぼす低濃度DCPと補助基質の影響(多羅尾光徳・黒端朱明・瀬戸昌之[東京農工大学])
国内外の環境問題のとりくみ
インド・オリッサ州における公害(近江貴治[北海道大学])
環境談話室
瀬戸内海の生態系変化からの警鐘(湯浅一郎[通商産業省中国工業技術研究所])
新たな人工植物に対する権利について(山本順一[図書館情報大学])
環境保全と農業(日高伸[埼玉県農業試験場])
環境ミニ講座
「酸性雨」と森林被害(小川和雄[埼玉県公害センター])
書評
2010年日本エネルギー計画(多羅尾光徳[東京農工大学])
地球環境政策(吉田 央[東京農工大学])
環境法の新たな展開(平野克明[静岡大学])
学術会議だよりNo.36
会報
会員名簿


カテゴリー: バックナンバー ※一部バックナンバーはJ-STAGEに搭載されております。   URL:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/kankyo/-char/ja/, 人間と環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です