第36回 日本環境学会 研究発表会

開催案内・研究発表募集要領
 2010年度の日本環境学会第36回研究発表会(実行委員長:小野塚 春吉)を下記の要領で行います。多くの方々の参加をお待ちしております。

1.開催日程:2010年6月19日(土)・20日(日)・21日(月)

2.会  場:横浜国立大学 教育文化ホール・経済学部
〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-4
       会場アクセス http://www.ynu.ac.jp/access/acc_index.html
       JR横浜駅西口よりバス約20分、タクシー約10分

3.費  用
① 参加費(予稿集代を含む):一般会員3,500円,院生会員2,500円,学生・報道関係者 無料
② 予稿集代:1,500円
③ 懇親会費:一般会員5,000円,院生・学生3,000円(6月19日開催)
※ 参加費(会員)には予稿集代が含まれます。同封の振替払込用紙にて6月12日(土)までにお支払いください(払込料金はご負担願います)。事前払込みにご協力いただいた会員に限り参加費を500円割引いたします(一般会員3,000円,院生会員2,000円)。なお,領収書をご希望の方は大会当日にお申し出ください。

4.宿  泊
 各自で手配をお願いいたします。

5.研究発表申し込み
 〔申し込み期限:2010年4月10日(土)厳守〕
 研究発表をご希望の方は,下記の記載事項を事務局宛に送付・送信してください。

・一般研究報告の発表時間は,発表12分,質疑応答3分の計15分です。
・研究発表を行うには,原則として研究発表(口頭・ポスター)者が日本環境学会会員であることが必要です。会員でない場合は,入会手続きをお願いいたします。
・研究発表申し込みは,電子メールまたは郵便で受け付けます。
・電子メールの場合は,メールの件名を「環境学会発表申し込み(口頭・ポスター発表者名)」とし,下記①~⑧の事項をメール本文に記載して送信してください。事務局で受信した後確認のメールを返信いたします。返信がない場合は,お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。
・郵便の場合は,A4版用紙をご利用のうえ下記①~⑧の事項を1枚に記入してお送りください。

【記載事項】
① 研究発表者氏名・所属(連名で発表する場合,口頭・ポスター発表者の前に○印)
② 発表題目
③ 連絡責任者氏名・連絡先(郵便番号,住所,電話番号,電子メールアドレス)
④ 研究発表の要旨(50~100字)
⑤ 発表を希望するセクション(番号を明記)
 発表セクションは下記よりお選びください。申し込みの状況により,セクションの新設・統合を含めた変更を行う場合があります。あらかじめご了承ください。
 1.地球環境・エネルギー問題   2.大気汚染問題
 3.土壌・水質汚染問題      4.廃棄物・都市問題
 5.生態系・動植物への影響    6.環境経済・環境政策
 7.環境教育・環境哲学      8.自由論題

⑥発表の方法(番号を明記)
 1.口頭発表
 2.ポスター発表(19日・20日の2日間掲示)
 3.ポスター発表(20日のみの掲示)
 4.口頭・ポスターいずれの発表でも可

※同一の題目で口頭発表とポスター発表との重複はできませんので,ご注意ください。会場の都合によりポスター発表数は最大30を予定しています。30を超える場合口頭発表にまわっていただくことがありますので,あらかじめご了承ください。

 ポスターの掲示は2日間を基本としますが,20日のみも可能です(19日のみは不可)。
 20日の午後に発表コア時間をとりますので,発表者はその時間掲示場での待機をお願いします。詳しい時間帯,掲示スペースについては改めてご案内いたします。
 ポスター発表の場合にも予稿集原稿を提出願います。

⑦ 発表に使用する機材(番号を明記)
 1.パワーポイントを使用
 2.OHPを使用
 3.なし(予稿集のみ)

※ パワーポイントを使用される場合,6月12日までに,メールにてファイルをお送り願います。事務局で受信した後,確認のメールを返信いたします。返信がない場合は,お手数ですが,再度ご連絡をお願いいたします。

⑧エクスカーションへの参加
(番号を明記。最寄り駅集合で,1カ所のみの参加になります)
 1.フェリス女学院大学(エコキャンパス)見学
 2.川崎公害と環境再生見学
 3.築地市場移転予定地(東京ガス工場跡地)見学
 4.参加しない

 電子メール送信先:ujikawa@ynu.ac.jp
 郵送先:〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-4
横浜国立大学大学院国際社会科学研究科 氏川恵次 宛

6.シンポジウム・エクスカーション
① シンポジウム第1部:「COP10に向けた日本の生物多様性保全の現状と課題」
 6月19日(土)午後

② シンポジウム第2部:「アジアにおける環境汚染と日本の関わり」
 6月20日(日)午後

③エクスカーション:
フェリス女学院大学(エコキャンパス),川崎公害と環境再生,.築地市場移転予定地(東京ガス工場跡地)
 6月21日(月)
※最寄り駅集合で,1カ所のみの参加になります。詳細は参加予定者に改めて連絡します。

7.予稿集原稿の作成と送付
 予稿集原稿の締め切りは2010年5月8日(土)必着です。
 原稿の様式は後ほど,ホームページ,メーリングリストにてお知らせいたします。

8.大会実行委員会の連絡先
 以上の件についてご不明な点などがありましたら,大会実行委員会までお問い合わせください。


日本環境学会 第36回 大会実行委員会
実行委員長:小野塚 春吉,顧問:本間 愼
事務局:氏川恵次
〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-4
横浜国立大学大学院国際社会科学研究科 氏川恵次 宛
TEL:045-339-3538 FAX:045-339-3538
E-mail:ujikawa@ynu.ac.jp
(注意:上記アドレスの@マークは大文字になっていますので、コピーしてご利用する際は小文字に変えてください。)


カテゴリー: 大会・セミナー, 研究発表会 タグ: パーマリンク