『人間と環境』第32巻第3号(2006年11月30日発行)の目次

巻頭言
アスベスト公害と国の責任(磯野弥生)
原著
マダガスカル特産のAlluaudia procera Drake とA.comosa Drakeの栄養吸収特性の比較(吉岡裕司・橋詰二三夫・湯浅浩史・前田良之)
研究ノート
子どもと大人のカドミウム吸収量の相違(浅見輝男)
堆肥連用土壌と化学肥料連用土壌における2,3,5-trichlorophenyl(TCP)の微生物分解,TCP分解微生物の密度,および土壌溶液の溶存有機態炭素量(多羅尾光徳・池内満政・瀬戸昌之)
特集
豊かな自然環境と文化遺産を活かした地域づくり(第32回日本環境学会研究発表会シンポジウム,第1部(新部一太郎)
国内外の環境問題のとりくみ
いくつかの世界自然遺産登録地におけるエコツーリズムの現地調査と評価(高橋夕起子・佐藤輝)
環境談話室
鮫川村の取組み~さめがわ・ふるさと体験学校の報告~(山岸祐介)
書評
自然保護の新しい考え方-生物多様性を知る・守る-(平野義尚)
環境微生物学入門-人間を支えるミクロの生物-(久保田正亜)
会報
日本環境学会会則
投稿規定


カテゴリー: バックナンバー ※一部バックナンバーはJ-STAGEに搭載されております。 URL:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/kankyo/-char/ja/, 人間と環境 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です