『人間と環境』第30巻第2号(2004年6月15日発行)の目次

巻頭言
廃棄物処理における『拡大再生産者責任」の意義 (瀬戸昌之)
特別報告
コーデックス食品添加物・汚染物質部会による食品中カドミウム濃度の最大基準値(案)に対する日本政府による修正案の問題点(日本環境学会 食品中カドミウム基準値検討専門委員会)
国内外の環境問題のとりくみ
ネパール型の電気自動車(伊藤章夫)
第36回コーデックス食品添加物・汚染物質部会(CCFAC)報告書から- 日本政府提案より精米中カドミウム最大基準値案が0.2から0.4mg/kgADWに変わった-(浅見輝男)
食品中カドミウムの健康影響を考える(第29回日本環境学会研究発表会シンポジウムの概要)(小野塚春吉)
大連市における水質汚濁発生源の現状(盧少波、仁田義孝、横田勇)
書評
ウォーター・ウォーズ 水の私有化、汚染そして利益をめぐって(中村寿子)
会報  
投稿規定


カテゴリー: バックナンバー ※一部バックナンバーはJ-STAGEに搭載されております。 URL:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/kankyo/-char/ja/, 人間と環境 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です