『人間と環境』第5巻第2号(1979年12月発行)目次

石原藤二郎先生を悼む(福島要一)
巻頭言
 本会発展への提案(杉浦公昭[東洋大学工学部])
原報
 環境アセスメントの現状をめぐって(林智[大阪大学医療技術短期大学部])
 NO2環境基準緩和と公害健康被害補償制度「見直し」の経済学的分析(吉田文和[北海道大学経済学部])
 薬事二法の成立をめぐって-スモンの悲劇の教訓を生かすために(片平冽彦[東京医科歯科大学])
 降下ばいじんによる耕地土壌のカドミウム、亜鉛汚染-排出設備改善後における群馬県安中地域の実態解析(平田煕[東京農工大学農学部]・大塚忠[安中市野殿在住])
 IUCN自然についての憲章(草案)(仮訳)(福島要一)
 地球的生命保全体系Global Life Support System(国連環境計画(UNEP)事務局長ムスタフ・トルバ博士・SCOPE委員長ギルバート・ホワイト教授連名の声明)
現地見学会 生野鉱山周辺調査及び見学会概要報告
 見学会にあたって(本間慎[東京農工大学農学部])
 生野鉱山見学記(中島恭一[姫路工大])
 生野鉱山を見学して思うこと(伊藤弥栄子[新日本婦人の会])
 生野銀山公害を見学して(谷山鉄郎[三重大学農学部])
 生野で会った人々(毛塚〓子[練馬区南が丘中])
 カドミウムとイタイイタイ病の関係についての一見解(荒谷美智[理化学研究所核科学研究室])
 生野銀山見学会に参加して(積田孝一[攻玉社高校])
 未認定生野「イ」病(小野塚春吉[都公害研])
ひろば
 足尾銅山における小さな「きき返し」事件(山野辺健)
 道は遠い 緊張にはゆとりを!(杉浦公昭)
分析法の手びき
 水質分析法(6)硝酸態窒素その1(小倉紀雄[東京農工大学農学部])
 大気簡易測定法(5)SO4--の簡易分析法(天谷和夫)
雑報
 第5回環境科学総合研究会まとめ(小倉紀雄・倉石〓・小林勇・畑明郎・谷口鉄郎・小川潔・神岡浪子)
 国際関係諸報告(福島要一)
書評
 N.IIJIMA『POLLUTION JAPAN(Historical Chronology)』ASAHI EVENING NEWS(福島要一)
 倉知三夫・利根川治夫・畑明郎編『現代資本主義叢書[11]三井資本とイタイイタイ病』大月書店(本間慎[東京農工大学])
会報


カテゴリー: バックナンバー ※一部バックナンバーはJ-STAGEに搭載されております。 URL:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/kankyo/-char/ja/, 人間と環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です