日本環境学会第2回若手研究者発表大会プログラム

3月10日に開催される「日本環境学会第2回若手研究者発表大会」のプログラ
ムが決定しましたので、ご案内致します。

あわせて、当日、聴講者としてご参加頂ける方を募集しております。
資料準備等の関係もありますので、参加を希望される方は、必ず3月2日(水)までに、文末の参加申し込みフォーマットに必要事項をご記入の上、下記連絡先までE-mailでご連絡ください。

また、発表終了後は、同会場にて懇親会(会費2000円)を予定しております。
こちらも是非ご参加ください。


日本環境学会第2回若手研究者発表大会

■ 主催:日本環境学会(担当:企画部会)

■ 開催日時:2011年3月10日(木) 9:30~17:00
※当初のご案内より、開始時刻が30分早くなっております。ご注意ください。

■ 開催場所:龍谷大学セミナーハウス「ともいき荘」
(京都市上京区、京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅下車徒歩6分)

■ プログラム

開会 9:30~ 9:40

【発表1】 9:40~10:20
題目:「地方自治体における地球温暖化対処の政策過程分析―京都市地球温暖化対策条例の事例―」
発表者:伊与田 昌慶(京都大学大学院地球環境学舎)
コメンテーター:新川 達郎(同志社大学)

【発表2】 10:20~11:00
題目:「被害者運動から「環境再生まちづくり」への展開―(財)公害地域再生センターの設立過程」
発表者:入江 智恵子(大阪市立大学大学院経営学研究科)
コメンテーター:磯部 作(日本福祉大学)

休憩  11:00~11:10

【発表3】 11:10~11:50
題目:「BP原油流出事故の要因に関する一考察」
発表者:中村 真悟(大阪市立大学大学院経営学研究科附属先端研究教育センター特別研究員)
コメンテーター:大島 堅一(立命館大学)

【発表4】 11:50~12:30
題目:「中国と日本における環境意識に関する研究 -都市の若い世代からの分析-」
発表者:金 花・若林 利男(東北大学大学院工学研究科)
コメンテーター:竹濱 朝美(立命館大学)

昼休み・昼食  12:30~13:50

【発表5】 13:50~14:30
題目:「社会関係資本が環境配慮行動に及ぼす効果の検討」
発表者:高浦 佑介(東京大学大学院人文社会系研究科)
コメンテーター:竹濱 朝美(立命館大学)

【発表6】 14:30~15:10
題目:「ブラジル法定アマゾン域内の熱帯雨林資源の持続的な利用に関する経済分析」
発表者:大瀧 正子(立命館大学大学院国際関係研究科)
コメンテーター:上園 昌武(島根大学)

休憩 15:10~15:30

【発表7】 15:30~16:10
題目:「中国の経済発展と再生可能なエネルギーの利用」
発表者:範 忠閲(名古屋学院大学)
コメンテーター:和田 武(元・立命館大学)

【発表8】 16:10~16:50
題目:「近世都市江戸における「循環型社会」成立の経済的・政策的背景~『江戸町触集成』悉皆調査に基づく長期統計分析~」
発表者:長谷川 羽衣子(上智大学大学院修士修了)
コメンテーター:上園 昌武(島根大学)

閉会  16:50~17:00

懇親会  17:30~19:30


■昼食について
会場には飲食施設がございません。周辺の飲食施設をご利用ください。


第2回若手研究者発表大会参加申込フォーム
申込締切:3月2日(水)
下記内容をコピーして必要事項を記入の上、メールにてご連絡ください。

【参加申込フォーム】=======================
1.お名前 【   】
2.所属  【   】
3.E-mail 【       】
4.懇親会 参加【   】 欠席【   】
===========================================

■ 申し込み・問い合わせなどの連絡先
安田圭奈江(大阪市立大学大学院経営学研究科後期博士課程)
メールアドレス:d08cab0y04(at)ex.media.osaka-cu.ac.jp
※(at)を@マークに変換して送信してください。

■ 日本環境学会第2回若手研究者発表大会事務局
(企画部会若手活性化プロジェクト)
平岡俊一、知足章宏、木村啓二、大石尚子、大瀧正子、伊与田昌慶、
中村真悟、安田圭奈江、森家章雄、和田武


カテゴリー: 大会・セミナー, 若手研究会 パーマリンク