第46回研究発表会の発表申込期限の延長,および,予稿原稿の受付方針について

第46回研究発表会の発表申込期限の延長,および,予稿原稿の受付方針について

 

第46回研究発表会の開催中止に伴い,以下の対応をとることといたします.特に,新型コロナ・ウィルス感染拡大防止を考慮して,今大会の発表申し込みを見送った会員を救済するため,以下のように,発表申込期限を延長いたします.

 

(1) 一般報告,自主企画セッション,ポスター発表のいずれについても,申し込み期限を延長し,5月8日(金)23:00を,申し込みの期限とする.これは,新型コロナ・ウィルス感染拡大防止を考慮して,発表申し込みを見送った会員への救済措置である.

 

(2) 一般報告,自主企画セッション,ポスター発表のいずれも予稿原稿の提出期限は,5月8日(金)23:00とする(予定どおり,変更なし).予稿原稿を5月8日(金)までに,実行委員会に提出することで,発表に替えるものとする.ただし,2020年度の会費納入とそれ以前の会費の延滞がないことを条件とする.

 

(3) ポスター発表の予稿原稿についても,一般報告と同様に,[予稿集原稿の雛形ファイル]に従うものとするhttp://jaes.sakura.ne.jp/2020/03/05/jaes2020-how-to-write/).

 

(4) 自主企画セッションについては,代表者からの予稿原稿の提出をもって,自主企画セッションの発表に替えるものとする.ただし,2020年度の会費納入とそれ以前の会費の延滞がないことを条件とする.なお,研究発表会の開催中止により,自主企画セッションの討論会は開催できないことを考慮して,予稿原稿の内容を作成していただくこととする

 

(5) 一般報告,ポスター発表,自主企画セッションのいずれも,提出された予稿原稿を,学会ホームページにアップロードする.学会員に対しては,研究発表会の開催予定日であった6月27日にウエブ開示する.一般へのウエブ開示は,それから半年後とする.

 

(6) 研究発表会の参加費は,不要とする(既に,4月7日に会員に通知済み).自主企画セッションの会場費(5000円)も不要とする.既に振り込まれた参加費,および自主企画セッションの会場費は,全額,返金する.

 

 

不安な毎日をお過ごしのことと思います.こういう状況であるので,敢えて,研究発表を計画されていた学会員には,出来るだけ予稿原稿を受け付けて,学会員の皆様がお元気にて,研究活動に励まれた成果を公表する機会にしていただければ,と思います.

第46回研究発表会実行委員会


カテゴリー: 新着情報 パーマリンク