日本環境学会 第46回(2020年)研究発表会 予稿集原稿 執筆要領

1.予稿集原稿の形式

1)予稿原稿の締切: 2020 年 5 月 8 日 (金) 23:00 (必着)

締め切りを厳守してください.提出が遅れた場合には,予稿集に掲載できません.

2) 原稿提出先: 大会事務局[ jaes2020@jaes.sakura.ne.jp ]に送信してください.

3)原稿送信は,電子メールの 件名 と ファイル名 を,[ JAES2020 (連絡責任者氏名) ]とすること.

4)原稿はMS-Wordファイル1個と, PDFファイル1個 文章に図等を埋込済みのもの)の両方を送信してください.

5)用紙サイズは,A4版に限ります.原稿枚数は1演題につき1ページ,または,2ページのいずれかに限ります

6)予稿集は白黒印刷です.図表は,白黒印刷を想定して色調を調整してください.

7)提出された予稿集原稿は,日本環境学会ホームページで,Web公開します.原稿は,Web公開することを前提に,提出/送信してください.

8)予稿集原稿の著作権,および電子的形態による利用も含めた包括的な著作権は,原則として日本環境学会に帰属するものとします.ただし,著者自身が自著の原稿を複製・翻案等の形で利用することは差し支えありません.

9)予稿集原稿の著作権に関する規定は,予稿集を日本環境学会のウェブサイトに掲載するためのものです.発表者が発表内容を論文・著作としてまとめたり,講義などで使用したりすることを制限するものではありません.

 

2. 自主企画セッションの代表者の方 

1)自主企画セッションは,代表者1名から,グループ内部の発表内容を取りまとめて,予稿原稿を提出してください.1つの企画について, A4版で,合計で2ページ以内の分量で,[全体紹介+各講演の要旨]を作成してください.

セッション内の各報告者の原稿は,1人分が半ページ,または1ページでも構いませんが,1つのセッションとして,合計2ページ以内にまとめてください

2)若手発表セッションに発表を希望の方は,これとは別に.日本環境学会のウェブサイトの「若手発表セッション」のページから,申し込みをしてください.

 

 

3.予稿集原稿の作成方法

1)予稿集原稿の作成は,必ず,予稿集原稿の雛形ファイル に従って,作成してください.このウェブサイトの予稿集原稿の雛形ファイルをダウンロードして,作成してください.

2)用紙はA4とする.余白は,上20 mm,下20 mm,左右20 mmとし,その範囲内に,文書と図表を収めてください.余白の幅を厳守してください.指定した余白を逸脱した文章/図表は,印刷されない可能性があります.

※ 余白には,実行委員会にて,ヘッダー,ページ数を挿入します.余白には何も記入しないでください.

3)1行を46文字,1ページを45行としてください.

4)演題,氏名,所属は,上から6行以内に記入してください.演題,報告者名は,申込み時のものと同一にしてください(厳守).

5)演題はMSゴシック(13ポイント)としてください.

6)氏名と所属はMS明朝(10.5ポイント)を使用してください.連名の場合は,報告者の氏名の左側に○印を付けてください.連名者が多い場合は,所属毎に改行せずに続けてご記入ください.

7)本文は1段組とし,原則として,[はじめに,分析方法,結果,結論,引用文献]などの項目に分け,これらを小見出しとして,作成してください.

8)小見出しは,MSゴシック(10.5ポイント)を指定してください.

9)文字の大きさは,本文は,日本語はMS明朝(10.5ポイント),英数字は,Century または,Times New Roman(10.5ポイント)を使用してください.

10)特殊なフォントや外字は,文字化けに注意してください.Macintoshをご利用の方は,Windowsパソコンから印刷して文字化け等がないことを確認してください.

11)記号や略号などは,『人間と環境』誌の投稿規定に従ってください.

12)図表の中に用いる文字は,10ポイント以上の文字としてください.グラフ中の数字や文字が小さすぎないように注意してください.図表が小さすぎないようにすること.図の鮮明さに注意してください.PDFにすると,図の鮮明度が落ちることを考慮してください.

提出された原稿(Word版,または,PDF版)をそのまま印刷にかけます.実行委員会は,図表や写真について,校正処理は致しません.

(以上)


カテゴリー: 大会・セミナー, 新着情報, 未分類, 研究発表会 パーマリンク