『人間と環境』第30巻第3号(2004年11月9日発行)の目次

巻頭言
岐阜でみた生物分布の変動 (稲生 勝)
研究ノート
道路沿いのクロマツ気孔中の重金属微粒子とその意義(岩崎みすず・田結庄良昭)
バングラデシュ、マルア村土壌のヒ素及び重金属元素含有量および米中のヒ素含有量(Jesmin Mist Sabina・太田寛行・佐合隆一・平田煕・久保田正亜)
特別報告
地球温暖化と地域森林政策(北川秀樹)
国内外の環境問題のとりくみ
「日本人のカドミウム暴露推計に関する研究(新田論文)」で用いたデータから19歳以下を除いた理由についての厚生労働省係官の説明を批判する(浅見輝男)
兵庫県内の河川源流・上流における細菌学的水質調査(北元憲利・中村俊之・今森雅子・加藤陽二)
環境談話室
ヒジキ中のヒ素について(浅見輝男)
平成13年と14年の杉・桧花粉数と三宅島噴火に伴うSO2等の関係(堀井光實)
会報  
投稿規定


カテゴリー: バックナンバー ※一部バックナンバーはJ-STAGEに搭載されております。   URL:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/kankyo/-char/ja/, 人間と環境 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です