『人間と環境』第29巻2号(2003年6月13日発行)の目次

巻頭言
2002年「国際エコツーリズム年」を振り返って (北村葉子)
原著
ポーラスコンクリートブロックと吸リン材が底泥を含む水槽の水質に及ぼす影響(相子伸之・岩本知里・瀬戸昌之)
研究ノート
ガラスビーズカラムにおける土壌微生物群集のバイオマスおよび窒素・炭素収支に及ぼすpHの影響(多羅尾光徳・松野健二・瀬戸昌之)
特別報告
食品中カドミウムの基準値に関する検討 -コーデックス食品添加物・汚染物質部会の審議状況に関連して- (日本環境学会・食品中カドミウム基準値検討専門委員会)
国内外の環境問題のとりくみ
インドネシアにおけるゴミ処分場と環境行政(佐藤輝・那珂川博之)
茨城県神栖町の地下水有機砒素汚染の予察調査(坂巻幸雄)
川崎における環境再生のまちづくり-交流フォーラム「川崎の環境とまちづくり」を契機に広がる取り組み(除本理史)
書評
人に役立つ微生物のはなし(笠原康裕)
会報  


カテゴリー: バックナンバー ※一部バックナンバーはJ-STAGEに搭載されております。   URL:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/kankyo/-char/ja/, 人間と環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です