『人間と環境』第12巻第2号(1986年12月発行)目次

巻頭言
破壊された環境を再生することは可能か(原田泰[工業技術院化学技術研究所])
報文
北海道の山岳道路問題(小林聡史[北海道大学・環境科学研究科])
伊豆大島におけるオオシマツツジの保全(倉本宣[東京都・大島公園事務所])
牛久沼呈質および牛久沼流入河川底質の重金属含有率(久保田正亜・浅見輝男[茨城大学農学部])
資料
アメリカ水環境法概説(山本順一[堀井学園])
第12回日本環境学会報告シンポジウム 新しい環境汚染物質--先端産業からごみ焼却場まで--(小倉紀雄)
日本学術会議だよりNo.3
会報


カテゴリー: バックナンバー ※一部バックナンバーはJ-STAGEに搭載されております。   URL:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/kankyo/-char/ja/, 人間と環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です